トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

プレイスポット・屋内遊戯場ナビ子供にお勧めのプレイスポット > ボールネンド

ボールネンド

ボールネンドの画像

今、ボールネンドのおもちゃを取り入れる屋内遊戯場が増えています。ボールネンドは「優れた玩具」と「子供たちに優れた環境」を与えることを目的に作られたもので、日本の子供向け遊技場でも取り入れているところが多いですね。ボールネンドの玩具を体験することができるのは、子供向けに作られた屋内遊戯場や親子向けのカフェ、子育てセンターなどの「子供のための施設」。

時には、イベントでボールネンドの玩具が使われていたり、自動車販売店が来客のために導入していたり、いろいろな場面で見ることができる様になっているみたいです。そんなボールネンドの玩具で遊ぶことができる施設をご紹介してみましょう。まず、横浜みなとみらい店にある「ボールネンド遊びのせかい」。子供らしいカラフルなカラーで整えられた室内には、ボールプールや木でできた玩具など、たくさんのおもちゃがあります。

休日は小さな子供をつれた親御さんでにぎわうそうで、ちょっとしたお出かけによさそうですよね。また、「イオンモールむさし村山イオン」にある「ボールネンド遊びの世界」は、なんと700平方メートルにも及ぶ広大な敷地の中に、ボールネンドのおもちゃがあります。ふわふわとしたエアトラックで飛び跳ねたり、ボールプールに飛び込んだり、体全体を使って遊ぶことができる工夫がされています。

室内ではなかなか体を使って遊ぶのは難しいと言われていますが、ボールネンドの玩具にはそれができるものも多いのでうれしいですよね。他にも「ピアレッテ」や「ひみつの城」「こどもの城」などに、ボールネンドの玩具がおいてあるそうです。東北の福島では「屋内遊戯場」も増えてきていますが、そこにもボールネンドの玩具がたくさん置かれており、私たちがボールネンドのおもちゃに触れる機会も増えてきました。

ボールネンドの玩具は、子供のことを考えて作られているものですので、「子供に良い影響があるおもちゃで遊ばせたい」と考えている親御さんは、ボールネンドの玩具で遊ぶことができる施設を探してみるといいかもしれません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


プレイスポット・屋内遊戯場ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 東北に屋内遊戯場が増える訳

福島に「屋内遊戯場」が増えつつあるのをご存知でしょうか。2011年の福島県内だけを見ても、いわきと郡山に子供を遊ばせることができるプレイスポットができています。2011年3月に起きた「東日本大震災」以降、外で子供を遊ばせることに不安を感じている親御さんの要望を受け、子供を安心して遊ばせることができる屋内遊戯場が作られているのです。 福島では原発事故以降、県内から疎開する親子も増えていますし、外に出る時には子供に長袖の服を着せてマスクをさせることが増えるなど、子供の健康に対す

プレイスポット・屋内遊戯場ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。