トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

プレイスポット・屋内遊戯場ナビ東北に増えつつある屋内遊技場 > 東北に屋内遊戯場が増える訳

東北に屋内遊戯場が増える訳

東北に屋内遊戯場が増える訳の画像

福島に「屋内遊戯場」が増えつつあるのをご存知でしょうか。2011年の福島県内だけを見ても、いわきと郡山に子供を遊ばせることができるプレイスポットができています。2011年3月に起きた「東日本大震災」以降、外で子供を遊ばせることに不安を感じている親御さんの要望を受け、子供を安心して遊ばせることができる屋内遊戯場が作られているのです。

福島では原発事故以降、県内から疎開する親子も増えていますし、外に出る時には子供に長袖の服を着せてマスクをさせることが増えるなど、子供の健康に対する親の不安が大きくなっています。ロシアで起きたチェルノブイリの事故では、子供に対する健康被害が大きく、そのことを考えて「福島の原発事故でも子供への健康被害が増えるのではないか」と考える親御さんが多いのでしょう。

子供に健康被害があるかどうかはともかく、この様に放射能を気にして子供を遊ばせることができない、食事から遊びの面まで気にかけてしまう、そういう心理状況で子供を育てるのは良くありません。県外に子供を出したいと考えても、誰もが子供を県外に出せる環境が整っている訳ではありませんし、様々な面で福島県内に残らざるを得ない人もいます。

そんな親が、少しでも安心して子供を遊ばせることができる様に、大きな屋内遊戯場を作っているのです。福島にできた「屋内遊戯場」は、郡山の「ペップキッズ郡山」といわき市の「みゅうみゅう」。いずれもボールネンドのおもちゃや砂場、子供が思い切り走ることができる空間など、親子で楽しむことができる工夫が満載です。

いつも込み合っているため入るのも大変で、一定時間ごとに入れ替えもあるそうですが、それでも「この施設で子供を遊ばせたい」と考えている親御さんは非常に多いです。もともと福島市内にあった「こむこむ」なども、訪れる人が増加している様で、この様な屋内遊戯場がどれだけ望まれていたのかが解りますよね。福島県内に、この様な屋内遊戯場がもっともっと増えればいいなと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


プレイスポット・屋内遊戯場ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ こどもの城にお出かけしよう

「こどもの城」とは、子供の健やかな成長のために作られた「児童センター」のことで、様々な施設が入った大型児童センターのことです。一般的には、「児童センター」と言うと子供が遊べるプレイルームが入っている施設を連想しますが、「こどもの城」は更に上を行く設備が整えられていますので、子供がより多くの遊びを体験することができます。 例えば「ビデオライブラリー」では、2万本のソフトを見ることができますし、音楽ルームでは歌や手遊びを学ぶことができますので、子供の知育にもいいです。2万本のビ

プレイスポット・屋内遊戯場ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。