トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

プレイスポット・屋内遊戯場ナビ楽しいプレイスポットを探そう > 科学館に行ってみよう

科学館に行ってみよう

科学館に行ってみようの画像

「科学館」と言うとあまり馴染みがないのですが、自然科学について楽しく学ぶことができる施設ですので、「楽しい中にも学びの要素が入った施設にお出かけしたい」と考えている人にはお勧めです。

科学館の中でもお勧めなのは「プラネタリウム」を見ることができるところ。都会では美しい星空を満喫することは難しいですが、プラネタリウムではいつでも美しい星座を見ることができますし、また星についての解説を行っているプラネタリウムもあります。星について学びたい子供や、星空の下でロマンティックな雰囲気に浸りたいと考えている人なら、プラネタリウムはしっかりと楽しむことができると思いますよ。

科学館は、その土地や施設によって「独自の展示物」があることが特徴。例えば「札幌青少年科学館」では、「雪・氷コーナー」と言うコーナーを設置しており、人工降雪装置を使って雪や氷に触れ合うことができます。北海道の札幌は雪がたくさん降る土地ですので、地域の特色でもある「雪」について深く学べる工夫がされているのです。

他にも、大学生が「科学教室」を開いて子供たちの世話をしたり、子供が楽しめるお祭りが開催されたり、子供たちが楽しく科学について学べる工夫がされています。標津市には、「鮭」について学ぶことができる「標津サーモン博物館」と言う科学館があり、サケやホッケ、チョウザメなどを見ることができます。鮭を対象とした施設は珍しく、ここも地域独自のカラーを前面に出した科学館であると言うことができるのではないでしょうか。

近頃は「科学に興味を持つ子供が少なくなっている」と言いますが、科学館で行われている取り組みを通して「科学の楽しさ」を学び、科学のすばらしさを知り、「もっともっと科学について知りたい」と考える子供が増えたら良いですよね。



スポンサー広告

ネットショップ広告


プレイスポット・屋内遊戯場ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ファンタジーキッズリゾート

「ファンタジーキッズリゾート」とは、なんと850坪と言う広大な敷地に作られた屋内遊戯場で、子供が喜ぶたくさんのアトラクションが入っています。ファンタジーキッズリゾートの中でも、小さな子供から大人まで楽しむことができる遊具と言えば、やはり「ふわふわ遊具」ではないでしょうか。 これは、ふわふわの滑り台などで遊ぶことができる場所で、子供がジャンプしたり自由に走ることができたり、本当にたくさんのことができる施設になります。中でも注目したいのが、「ボールネンド」の「サイバーホイール」

プレイスポット・屋内遊戯場ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。